クイックスタート

すぐに利用できるサンプルを用意していますので、サンプルを利用してください。

shiguredo/sora-python-sdk-samples

$ git clone https://github.com/shiguredo/sora-python-sdk-samples

設定値

$YOUR_SIGNALING_URL

Sora のシグナリング URL を指定してください

$YOUR_CHANNEL_ID

Sora のチャネル ID を指定してください

接続先の用意

接続先は時雨堂が開発、販売している WebRTC SFU Sora を利用します。

検証目的であれば Sora Labo を利用することで、 Sora を無料で試すことが可能です。

GitHub アカウントを用意して Sora Labo のドキュメント を読んだ後、 https://sora-labo.shiguredo.jp/ にサインアップしてください。

Windows または macOS で Sora Python SDK を使ってみる

pip を利用する場合

$ pip install -r requirements.locks
$ python recvonly/recvonly.py --signaling-urls $YOUR_SIGNALING_URL --channel-id $YOUR_CHANNEL_ID

Rye を利用する場合

$ rye sync
$ rye run python recvonly/recvonly.py --signaling-urls $YOUR_SIGNALING_URL --channel-id $YOUR_CHANNEL_ID

Linux で Sora Python SDK を使ってみる

pip を利用する場合

$ sudo apt install libportaudio2
$ pip install -r requirements.locks
$ python recvonly/recvonly.py --signaling-urls $YOUR_SIGNALING_URL --channel-id $YOUR_CHANNEL_ID

Rye を利用する場合

$ sudo apt install libportaudio2
$ rye sync
$ rye run python recvonly/recvonly.py --signaling-urls $YOUR_SIGNALING_URL --channel-id $YOUR_CHANNEL_ID

NVIDIA Jetson で Sora Python SDK を使ってみる

注意

Sora Python SDK は Ubuntu 20.04 かつ JetPack 5 系のみに対応しています。

注意

標準インストールされている Python 3.8 のみをサポートしています。 そのため rye 経由で実行する事はできません。

注意

NVIDIA Jetson に最初から入っている OpenCV は Sora Python SDK で利用する OpenCV とは異なるため、 事前にアンインストールしてください。

pip を利用する場合

$ sudo apt purge libopencv*
$ sudo apt install libopencv libopencv-python libportaudio2
$ pip install -r requirements.lock
$ python recvonly/recvonly.py --signaling-urls $YOUR_SIGNALING_URL --channel-id $YOUR_CHANNEL_ID
© Copyright 2023, Shiguredo Inc. Created using Sphinx 7.2.6